メニュー 【1】施設紹介 【2】生活のようす ・生活を楽しむための支援 ・自立にむけての支援
  【3】保健医療のサービス 【4】地域とのふれあい 【5】苦情解決  
  【6】ご利用者の権利擁護 【7】利用案内 【8】地図と交通アクセス  

  施設を紹介します  

花見
花見

 第1しょうせい苑は【愛】をテーマに「地域に開かれた施設」として昭和52年に開設しました。重度の障害者であっても、積極的に社会参加をすすめ、地域生活への移行をめざして、一人ひとりの特性に応じ、生活力の向上を目標にご利用者本位の立場にたった支援をします。併せて地域福祉貢献のために施設機能が地域の皆様の役に立てるように努めています。

 経営理念

 福祉事業者として高い価値観と技を礎とした誇りと使命感に基づき、連携した質の高い支援を行い、ご利用者の健康と安全・尊厳・生きがいを守り、豊かで満足な生活の実現と、地域や在宅者のニーズに柔軟に応えることで地域の福祉拠点としてグレードを高め、経営改善を常に図り、ご利用者(在宅者)、職員、法人(施設)の最大満足を目指す。

 経営方針

  • 日中活動・施設入所支援の内容とプログラムを吟味し、ご利用者誰もが満足感と有用感を得られる障害者支援施設を目指す。
  • ご利用者の健康増進・維持及び事故防止のため、支援・保健・給食部門の連携と改善の強化。
  • 地域生活支援としてグループ・ケアホームの充実とバックアップ強化をし、ニーズに応じた拡充を模索する。また、在宅者のニーズに応え、生活介護事業等の拡充を図る。
  • 安全・安心・快適さ確保の為、内外、周辺の環境整備に心がける。防災面も強化。
  • 人事制度に示される各職務基準に応じた研修を充実し、定期的人事異動等により組織の活性化を図り、職員力・組織力を強化する。
社会貢献
地域交流を積極的に推進し、相談支援事業を一層充実させ、地域自立支援協議会参画や他機関ともネットワークを深め、福祉の拠点を目指す。「全職員が良き相談者」を合言葉とする。
支援力
ご利用者一人ひとりの主体性と個性、ニーズとエンパワーメントを尊重し、チームワークによる個別支援計画に沿った質の高い支援の実践。
チームワーク力
ご利用者本位の姿勢で情報と業務目的を共有し、各部署及び部署間の連携強化と責任の共有化。全職員が自身の業務に責任を持つとともに、法人全体の視点と当事者意識を大切にする。
人財育成
常にご利用者の福祉を第一に考え、人権意識と使命感を持ち、支援向上のため各種自己啓発研修や自己研鑽に積極的に取り組み、めまぐるしい時代の変化にも機敏に対応できるよう、常にスキルアップを目指す。また、積極的に実習生やボランティア等を受け入れ、人財育成に貢献する。
財政力
正しい障害支援区分認定による報酬の安定化、日中支援の拡充等による増収及び支出分析による経費の見直しを図り、健全財政運営を目指す。

 事業及び定員


施設入所支援事業
50名
生活介護事業
67名
短期入所事業
3名
日中一時支援
8名


所在地
 山口県下松市生野屋南一丁目7番11号
電 話
 0833-43-9810
FAX
 0833-43-7300
メール
 syouseien@kvision.ne.jp
職員配置
施設長 1名 サービス管理責任者 2名 支援員 24名 介助員 1名
事務員 3名 看護師 2名 栄養士 1名 調理員 4名
定 員
 施設入所 50名

  ■■ 男性 29名
現員 ■■

 
  ■■  女性 22名
 生活介護(通所) 17名

  ■■ 男性 11名
現員 ■■

 
  ■■  女性 6名
ご利用者作品
ご利用者作品
利用状況
年 齢 19才から72才で、平均年齢は42才です。
障害状況 知的発達障害の他に肢体機能障害、視聴覚障害、精神疾患、自閉症傾向、内臓疾患、言語障害などの方がおられます。

このページのトップへ 施設紹介トップへ ▲▼前のぺージへ 次のぺージへ▲▼
グループトップへ 第2しょうせい苑トップへ

社会福祉法人 松星苑
〒744-0033 山口県下松市生野屋南一丁目12番1号
TEL 0833-45-2425 FAX 0833-44-8919
Copyright (c) 2017 Syouseien, All rights reserved.